芸能

太田遥香が活動休止!理由は女性ヲタ(さき)と繋がり情報漏洩?

太田遥香

2020年2月28日、ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」の太田遥香さんが活動休止を発表しました。

活動休止の理由は、特定の女性ヲタ(女性ファン)と個人的に繋がり、アンジェルム内部の情報を外に漏らしたことと言われています。

この記事では、太田遥香さんと繋がった女性ファンと情報漏洩についてまとめています。

スポンサーリンク

「アンジュルム」太田遥香が活動休止を発表

2020年2月28日、ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」の太田遥香さんが、当面活動休止することが公式サイトで発表されました。

いつもアンジュルムを応援頂きありがとうございます。
メンバーの太田遥香ですが、当分の間、活動をお休みさせて頂きます。

先日、ハロー!プロジェクトのルールに反する事案が発覚、本人も事実を概ね認めたため、今後ハロー!プロジェクトでアンジュルムのメンバーとして活動するにあたり、
その一員である意識と自覚をもって、改めて自身と向き合い、
考えてもらうための時間を設けたほうがいいと判断し、今回の結論に至りました。
 
所属事務所としても、本件を重く受け止め、基本から指導していく所存です。
 
活動再開時期に関しては決まり次第、改めてご報告させていただきます。

ファンの皆様ならびに関係各位には、ご心配、ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
何卒ご理解、ご了承いただきますよう宜しくお願い申し上げます。
 

2020年2月28日
株式会社アップフロントプロモーション
代表取締役 西口猛

 

本人からは以下のようなコメントが出されています。

いつも応援ありがとうございます。
 
私、太田遥香は活動を休止させて頂きます。
 
自分の芸能人としての甘さ、そして社会人としての甘さを
見つめ直し考える時間が必要と思い、お休みさせて頂きます。
 
アンジュルムに加入して1年しか経っていないにも関わらず
メンバーのみなさん、スタッフさんや関係者の方々、
そしてファンの皆さんにこのような形でご迷惑、ご心配をおかけすること
本当に申し訳なく思っています。
 
私にとってのアンジュルムは
ステージに立つことの楽しさ、嬉しさを心の底から感じることが出来る場所で、
かけがえのない大切な存在です。
 
活動休止を経て
改めて自分の今までの行いを反省し、考えを改めて
精神的にひと回りもふた回りも大きくなって
また皆さんの元に戻ってこれるよう努力します。
 
勝手なお願いになりますが
これからもアンジュルムの応援よろしくお願いします。
 

太田遥香
 
 



スポンサーリンク

太田遥香が活動を休止の理由は女ヲタ(さき)と繋がり情報漏洩?

アンジュルムの太田遥香さんが活動休止になった理由は

  • 女性ヲタと個人的に繋がりを持っていたこと
  • アンジュルムの内部の情報を漏らしていたこと

の2つと言われています。

太田遥香は女性ヲタ「さき」と個人的に繋がっていた

処分発表の10日ほど前、太田遥香さんが特定の女性ファンと私的に繋がり、太田さんが所属するグループ「アンジュルム」の情報を漏洩していたことが発覚し、ネット上でも話題になっていました。

女性ファンのtwitterやインスタの画像が流出して、ことが発覚したと言われています。

女性ファンのインスタも特定されており、名前は「さき」という女の子。

女性ファン「さき」さんのインスタグラムには、太田遥香さんと思われる女性の写真がアップされていました。

流出画像1 流出画像2流出画像3流出画像4

2019年12月24日には、太田遥香さんがアンジュルムのメンバーとの集合写真をアップしていますが、女性ファンの「さき」さんが撮った写真と服装が一致しています。

集合写真流出画像4

また、女性ファンのさきさんは、クリスマスを太田さんと一緒に過ごしたことを自慢するような投稿もしています。

メッセ3



スポンサーリンク

太田遥香は女性ヲタ「さき」に内部情報を漏らしていた

【情報漏洩①】イベント後は年少メンバーが先に解散することを漏洩

情報漏洩1

イベント後、年少メンバーが先に解散するという内部情報を、握手会で女性ファン「さき」さんに漏らしていました。

 

【情報漏洩②】竹内朱莉の生誕イベントへの出演決定を漏洩

情報漏洩2

アンジュルムのメンバー・竹内朱莉の生誕イベントにシークレットゲストとして出演することが決まった太田遥香さん。

竹内さんには秘密で出演予定でしたが、女性ファン「さき」さんに情報を漏らしていました。

【情報漏洩③】公演で披露する内容を漏洩

メッセ

太田遥香さんは、ハロコンの情報を女性ファン「さき」さんに漏らしていました。

 



スポンサーリンク

ネットの反応

スポンサーリンク