佐藤健

【動画】佐藤健のフランス語の発音やスピーチがすごい!勉強方法やきっかけは?

佐藤健

頭も良くて運動神経も良い俳優の佐藤健さん。

歌も上手でギターもベースもできる佐藤さんですが、何とフランス語も話せるようです。

もはやできないことが何なのかがわからなくなりつつある佐藤健さんですが、フランス語を習い始めたのはいつ頃だったのでしょうか。

発音やスピーチも気になりますよね。

習い始めたきっかけや勉強方法もあわせて見ていってみましょう。

スポンサーリンク

【動画】佐藤健のフランス語の発音やスピーチは?

佐藤健さんがフランス語を話している動画がこちらです。

結構長い台詞ですが、フランス語をめちゃめちゃ話していますね。

こちらの動画は、ドラマ『天皇の料理番』の一部シーン

佐藤健さんは、『天皇の料理番』の「秋山篤蔵」役でフランス語を話していました

 



スポンサーリンク

佐藤健のフランス語の勉強方法は?

フランス語をスラスラと話していた佐藤健さんですが、一体どのようにしてこのフランス語を習得したのでしょうか。

佐藤健さんの話によると、ドラマ『天皇の料理番』では6〜7話くらいからフランス語が入ってくるのですが、フランス語の台本は5話の撮影をしているときにやっとくるような状態で、事前に練習をすることがほとんどできなかったそうです。

5話撮影時に フランス語の台本がきた 事前に練習できず

そのため、佐藤さんのフランス語の勉強方法は、ほとんど一夜漬け一夜漬け

ひたすらテープを聴き続け、音で覚えてやっていたそうです音で覚えていた

そんな短時間でこんなに喋れるようになってしまうんですね。

佐藤健さん、本当にすごいです。

ちなみにこちらは、フランス語でプロポーズするシーン。

佐藤健さん、かっこよすぎますね・・・

本当に何でもできてしまう佐藤健さん、すごすぎです。

 



スポンサーリンク

佐藤健はいつからフランス語を習っていた?

佐藤健さんがフランス語を習ったのは、ドラマ『天皇の料理番』の役作りがきっかけでした。

このドラマが放送されたのは2015年4〜7月でしたので、佐藤健さんがフランス語を習ったのもこの時期と言えます。

その後もフランス語を学び続けているかどうかは定かではありませんが、佐藤健さんはこの『天皇の料理番』の撮影が終了すると同時に、アメリカに短期留学に行かれています。

その後ニューヨークにも行かれており、フランス語もとてもお上手ですが、英語にも力を入れているようですね。

佐藤健さん、本当に多才です。

佐藤健
佐藤健が留学したのはいつ?期間や場所は?きっかけや理由も気になる!2020年3月20日の佐藤健さんのYoutube「たけてれ」で、佐藤健さんが留学していたという話が出てきましたね。 佐藤健さんが留学し...



スポンサーリンク

ネットの反応



スポンサーリンク