佐藤健

佐藤健が留学したのはいつ?期間や場所は?きっかけや理由も気になる!

佐藤健

2020年3月20日の佐藤健さんのYoutube「たけてれ」で、佐藤健さんが留学していたという話が出てきましたね。

佐藤健さんが留学していたことを初めて知った、という方も多かったようですが、いつ、どこに留学していたのでしょうか。

語学留学だったという噂もありますが、きっかけや理由なども気になりますよね。

この記事では、佐藤健さんが留学した場所や期間、きっかけや理由などについてまとめています。

スポンサーリンク

佐藤健は留学していた



スポンサーリンク

 

2020年3月20日に配信が開始された、佐藤健さんの公式Youtube「たけてれ」。

初回の放送で、佐藤健さんが過去に留学していた話が出てきましたね。

(留学について触れているのは7:10辺りです。)

この放送で、佐藤健さんが留学していたことを初めて知ったという方も少なくなかったようです。

佐藤さんは、過去の「たけてれ」で留学していたことを語ったことがあったようで、昔からのファンは知っている方もいたようですね

(以下、2016年以前のツイート。)

 



スポンサーリンク

 

佐藤健が留学したのはいつ?期間や場所はどこ?

佐藤健さんが留学していたのは、一体いつ頃だったのでしょうか

調べてみたところ、佐藤健さんが留学していたのは2015年でした。

テレビドラマ『天皇の料理番』(2015年4月26日〜7月12日放送)の撮影が終わってから、3ヶ月間、LA(ロサンゼルス)に短期留学をしていたようです。

天皇の料理番

佐藤健さんは、2015年の9月7日には既に帰国して「たけてれ」を配信しており、10月には『釜山国際映画祭』でLA短期留学のことを明かしています。

その為、おそらく留学していたのは2015年6月〜8月(もしくは9月初め)の3ヶ月くらいかと思われます。

佐藤健

この期間はホームステイをしながら語学学校に通っていたという佐藤健さん。

その後も、2015年12月〜2016年1月の2ヶ月間、今度はニューヨークに行かれています。

その時はミュージカルをみたりアクターズスクールに通っていたそうです。

林真理子さんと対談このことは、2016年の作家・林真理子さんとの対談の中で佐藤健さんご本人が語られています

佐藤:去年は3カ月ぐらい休みがあったので、LAにプチ留学みたいな感じで、ホームステイしながら語学学校に通っていました。去年の12月から今年の1月、「何者」の撮影に入る直前までは2カ月ぐらいニューヨークに行きました。ミュージカルを見たり、アクターズスクールに通ったり。

引用:週刊朝日(2016.10)

 

以上をまとめると、佐藤健さんの留学期間や場所は以下のようになります。

  • 【2015年6月〜8月(or9月初め)】ロサンゼルスでホームステイ&語学学校
  • 【2015年12月〜2016年1月】ニューヨークでアクターズスクールなど

 



スポンサーリンク

 

佐藤健が留学したきっかけや理由はなぜ?

2012年「るろうに剣心」で国際的スターになったことがきっかけ?

短期留学とはいえ、語学学校に通うなど本格的に英語を学んでいた様子の佐藤健さん。

佐藤健さんが留学をしようと思ったきっかけは一体何だったのでしょうか。

調べてみたところ、佐藤健さんのヒット作である『るろうに剣心』が海外で高い評価を得たことが大きく影響しているのではないかと感じられる部分がありました。

るろうに剣心2002映画『るろうに剣心』が初めて上映されたのは2012年8月

でもこの作品、上映前から海外からとても注目されていたんですね。

上映の前年2011年12月に公開された「約40秒の本編映像」に、全世界136カ国からアクセスが殺到

その後の特報では、英語、中国語、フランス語、スペイン語の4カ国語の字幕付き映像の制作が決定しています。

既に上映前から、世界配給も視野に入れた展開が開始されていた、映画「るろうに剣心」。

るろうに剣心

日本で上映が開始された2012年8月の2ヶ月後、2012年10月には、アジア最大の映画祭である「第17回釜山国際映画祭」のオープニングセレモニーに佐藤健さんが出席

招待作品枠「オープンシネマ」で「るろうに剣心」が上映され、見事海外進出を果たしています。

韓国釜山

佐藤さんは、自身初となる海外映画祭に「感激しました」と感想を語りながら、「一人でも多くの方にるろうに剣心を楽しんでもらえたらうれしいですね」と作品をアピールしていました。

その2ヶ月後の2012年12月7日から台湾でも公開されることが決定

前日の12月6日に佐藤さんと大友監督が現地入りすると、空港ロビーに詰め掛けた約250名ものファンから熱烈な歓迎を浴びていました。

台湾1海外では分かりづらい日本の幕末が舞台でありながら、台湾の4大新聞すべてで好評価を獲得

その後はシンガポール、フィリピン、香港、スペインでも海外配給が決定しています。

そして同月の12月14〜16日には、ハリウッド・エジプシャン・シアターで開催されるロサンゼルスの日本映画祭「LA EigaFest2012」で、オープニング上映も決定。

飛ぶ鳥を落とす勢いとは、まさにこのことですね。

佐藤健6

一躍国際的スターになった佐藤健さん

これだけ海外から注目され、外国に行く機会も増えたら、やはり自然と英語にも興味を持つのではないでしょうか

2013年7月頃には、「たけてれ」でも英語の話を色々していたようです。



スポンサーリンク

 

るろうに剣心
佐藤健、るろうに剣心アクション・殺陣・練習動画まとめ!抜群の運動神経がすごい今やドラマにCMに映画に引っ張りダコの俳優、佐藤健さん。 映画「るろうに剣心」では抜群の運動神経を発揮し、「アクションが圧巻」「迫力が...

 

 

留学の理由は「英語力」を身につけるため

佐藤健さんが留学した理由は、「英語力をつける為」でした。

もう少し具体的にいうと、

  1. 一人間として以前から英語を勉強したいと思っていた
  2. 日本の作品を海外に届けるためにも英語力は必要

というのが理由のようです。

こちらは2015年10月の『釜山国際映画祭』で本人が語っていました。

釜山2015(2)

佐藤健さんは2015年10月、『釜山国際映画祭』のアジアンフィルムマーケット部門の新企画“キャスティング・ボード”に登壇。

これは、合作映画などに向いた若手のスター6人をマーケット側が選び、海外進出への後押しをするというもので、佐藤健さんと長澤まさみさんが、韓国のキム・ウビン、キム・ゴウン台湾のマーク・チャオ、サンドリーナ・ピンナと共に選ばれました。

そこで、「お互い誰と共演したいか」という質問に、マーク・チャオ、キム・ウビンの二人から名前が挙がった佐藤健さん

日本映画やコミックの大ファンだというマーク・チャオさんは「『るろうに剣心』は原作も好きですが、映画での佐藤健さんの殺陣は素晴らしかった。大好きなんですが、僕はもう結婚しているので(笑)、ぜひ共演してみたい。『バクマン。』もすごく楽しみにしています」と絶賛。佐藤さんも「ここだけで終わらせず、ぜひ実現させたいですね」と語り、キム・ウビンさんも「佐藤さんの眼力がすごい」と称賛していた。

引用:cinemacafe

イベント終了後の取材では、佐藤さんは「昨夜、食事会でソン・ガンホさんにお会いして写真を撮ってもらってすごく嬉しかった」と笑顔を見せていたようです。

また、英語の勉強に力を入れ、「天皇の料理番」の撮影後にロサンゼルスに短期留学をしたことをここで明かしています。

仕事のためだけでなく、一人間として以前から勉強したいと思っていたんです。海外の作品にも出てみたいですが、日本の作品を海外に届けるためにも英語力は必要だと思います

海外の作品にも出てみたいと語っていた佐藤健さん。

今後、その可能性も十分ありそうですよね。

【動画】佐藤健は英語がペラペラ!?発音やスピーチがヤバイと話題に!佐藤健さんの初回のYoutube「たけてれ」に上白石萌音さんがゲスト参加した際、佐藤健さんが留学していた話が出てきましたね。 2015...

 



スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、佐藤健さんが留学した期間や場所、きっかけや理由についてまとめました。

佐藤健さんは、いつも素晴らしい作品を作られる素晴らしい役者さんなので、海外にもその素敵な作品をどんどん広めて欲しいですね。

最後までお読み頂きまして、どうもありがとうございました。

 

スポンサーリンク